MENU

シャッターが凍って開かない!雪で凍結した車庫やガレージの対策法のまとめ

雪の降る季節になり毎日が本当に寒いです。

子供の頃はあんなに喜んで遊んでいたのに…大人になると楽しいよりもまた雪投げしなきゃと気持ちがさがります。

でも雪の結晶はすごくきれいですよ♪

雪が降ると雪投げは大変だし凍結なんてこともあります。

今回の記事では雪で凍結した車庫やガレージのシャッターの対策法について調べました。

スポンサーリンク
目次

シャッターが凍って開かない場合の対策は?

シャッターを開けたいのに開かない、電動シャッターが動かないなんてことが冬になると増えてきます。

仕事に行く前や帰ってきてから気づいて対処するのはとても一苦労です…。

朝が冷えて霜がついているときも凍結の可能性があるので注意が必要です!

対処としては下記の方法があります。

①まずはシャッターの周辺の雪をどけましょう。シャッターについている雪も払いのけます。全体を軽く押して隙間に入ってしまった雪や凍ってしまった氷を落とします。

無理は絶対にだめです!無理に押してしまうと壊れてしまうので軽く押して下さい。

②熱湯ではなく水やぬるま湯で溶かしていきます。

ただ時間をかけてしまうと溶かしたところからまた凍っていくので注意して下さい。

③気温が上がる昼間をまって溶けるのを待ちます。

④凍結防止剤・融雪剤等を使用する。

力ずくで行うと壊れてしまう可能性があるためやらないほうが良いです。

SNSで車庫やシャッターの凍結状況を調べてみました!

寒波の影響で凍結した方がとても多かったです。他にも水道が使えなくなったり、窓が開かなくなってしまった方もいます。

寒波以外にも気温がマイナスになると凍結しやすくなります。

この状態が続くととても困ってしまいます…。

焦らずに対処したいところですね!

車庫にシャッターがない場合に凍結の心配がある時には、下記の方法があります。

・凍結防止カバーを使用する。雪対策・凍結しにくくなります。

・撥水剤を使用し凍結を抑える。

・防雪ネットを使用する。雪や風よけとなってくれます。

フロントガラスが凍ってしまった場合は解氷スプレーを使用すると氷を溶かすことができます。

スポンサーリンク

雪など凍結した電動シャッターが開かない場合にやってはいけないこと

凍結したのを見つけると焦ってしまいますが慌てずに対処しましょう。

凍結以外のトラブルになったら大変です!

https://twitter.com/chika_pi_103/status/1225615770681364482
https://twitter.com/inaken17/status/1229325050949464064

・シャッターを開けたままだと車庫の上を通っている配管が凍結する可能性がありますので閉めてから外出しましょう。

・熱湯で溶かすと急激な温度変化によりひび割れや割れる可能性もありますので熱湯はさけましょう。

・シャッターに雪が挟まっている場合もあるので無理に上げ下げしてしまうと故障の原因になります。

もうどうにもならなくなったときは業者の方にお願いするのが安心です。

スポンサーリンク

車庫やガレージの凍結対策に便利なグッズ

凍結対策には凍結防止剤・融雪剤といったグッズがあります。

2つとも成分は違いますが雪や氷を溶かしやすくする効果があります。

用途によって使い分けます。

凍結防止剤=持続力を長く保つことができるため降る前に撒いておきます。

融雪剤=即効性があるため雪が積もった場所に撒いたり早く溶かしたい場所に撒きます。

使用には注意が必要です。

車につくと錆びつく原因となってしまうだけでなく金属の腐食を早めてしましいます。

又、皮膚につくと炎症をおこしてしまう可能性もありますので散布する際にはゴム手袋を着用するようにしましょう。 

スポンサーリンク
  

シャッターが凍って開かない!雪で凍結した車庫やガレージの対策法のまとめ

急な凍結で慌ててしまうかもしれないですが慌てずに乗り切りましょう!

グッズには注意が必要なものもありますので思わぬトラブルにならないように周辺や使い方を確認してから使用しましょう!

シャッターは種類や業者の方の連絡先をメモに残したり、時期になってきたらグッズを早めに用意しても良いですね♪

まだ寒い日が続くなか作業するのはとても大変です。手がかじかんだり、しもやけにと気をつけたいですね。

凍結した際の参考にしていただければと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


目次
閉じる