MENU

志麻さんのレシピ・ローストビーフの作り方・プロフェッショナルの仕事の流儀

2021年1月12日放送のプロフェッショナル仕事の流儀では伝説の家政婦タサン志麻さんがおうちごはんレシピを教えてくれました。

簡単に作れるローストビーフの作り方レシピです!

志麻さんのレシピ・切り餅で作るチョコもちの作り方
志麻さんのレシピ・レモンケーキの作り方
志麻さんのレシピ・鶏の赤ワイン煮の作り方
志麻さんのレシピ・フランス風グラタンの作り方
志麻さんのレシピ・野菜スープの作り方
志麻さんのレシピ・ローストビーフの作り方
志麻さんのレシピ・アイリオソース&野菜サラダの作り方

スポンサーリンク
目次

志麻さんのレシピ・ローストビーフの作り方・プロフェッショナルの仕事の流儀

プロフェッショナルの仕事の流儀のおうちごはんスペシャルでは、タサン志麻さんのレシピを紹介。

材料

牛もも肉 500グラム

コショウ

ラップ

ジップロック

赤ワイン

バター

コンソメ

作り方

①牛もも肉は常温で1時間くらい置いておきます。

②牛もも肉から出た水分をすべてふき取っておきます。パックの水分も拭き取ります。

③パックの上で塩コショウをするので、塩を多めに振っておきます。塩味が薄いとお肉のうまみを感じにくくなるそうです。

④フライパンに多めの油をひいてお肉に焼き目をつけます。油の量が少ないと焼き色がキレイにつかないので多めで!

⑤お肉を焼く時は、焼き色をしっかり付けるため、強火で30秒から1分くらい動かさないでお肉のまわりを焼きます。

⑥別の鍋でお湯を沸かしておきます。

⑦お肉が焼けたら、ラップの上にお肉をのせてくるんでいきます。1枚だと水分が入り込んでしまうことがあるので、ラップは2重にまきます。さらにジップロックに入れます。

⑧⑦を湯煎していきます。お肉が完全にお湯につかるように重し(お皿など)をのせます。沸騰した状態で3分、火を止めて鍋の中で15分置きます。さらにお鍋から出して15分くらい置いたら切っていきます。

⑨お肉を焼いたフライパンでソースを作ります。火を止めた状態で赤ワインを入れて、コンソメ半分、水を入れて3分の1くらいまで煮詰めます。バターを入れたらソースの完成。

⑩お肉を切ってお好みの野菜と盛り付けてソースをかけたら完成。

スポンサーリンク

志麻さんのレシピ・ローストビーフの作り方・プロフェッショナルの仕事の流儀のまとめ

こちらではプロフェッショナルの仕事の流儀で紹介された、志麻さんのレシピ・ローストビーフの作り方をまとめてきました。

おうちでもぜひ作ってみたいですね。

志麻さんのレシピ・切り餅で作るチョコもちの作り方
志麻さんのレシピ・レモンケーキの作り方
志麻さんのレシピ・鶏の赤ワイン煮の作り方
志麻さんのレシピ・フランス風グラタンの作り方
志麻さんのレシピ・野菜スープの作り方
志麻さんのレシピ・ローストビーフの作り方
志麻さんのレシピ・アイリオソース&野菜サラダの作り方

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


目次
閉じる