MENU

酢飯を作るときの桶がない!代用する方法は?

桶は酢飯を作るのに適しているものの、それなりの値段がします。

家庭で揃えるのは難しいという方もいるのではないでしょうか。

そのような人のために、酢飯の作る際の代用品を紹介していきますね。これを知ることによって、問題解決のヒントになりますよ。

スポンサーリンク
目次

酢飯を作るときの桶の代用方法


代用として使用できるのはボウル、フライパン、大き目の深い皿、バット、土鍋・大きな鍋、アルミホイル、大きいジップロックの7種類があります。大きいジップロックを除いては、平べったさ、一定の広さを備えています。酢飯を作るときは、ご飯を混ぜられる広さが必要ですよ。

ジップロックは収納性に優れています。他の6種類と比較して、こぼれにくいのがメリットです。少量ならば、こちらを用いてもよいでしょう。


代用として使用できるのはボウル、フライパン、大き目の深い皿、バット、土鍋・大きな鍋、アルミホイル、大きいジップロックの7種類があります。大きいジップロックを除いては、平べったさ、一定の広さを備えています。酢飯を作るときは、ご飯を混ぜられる広さが必要ですよ。

ジップロックは収納性に優れています。他の6種類と比較して、こぼれにくいのがメリットです。少量ならば、こちらを用いてもよいでしょう。

スポンサーリンク

ボウルを使用する場合


ボウルに入れたご飯にお酢を入れます。その後は切るように混ぜます。うちわで水分を飛ばした後、もう一度切るように混ぜるとよいでしょう。

ワンポイントアドバイスとしては、ボウルの上にラップを撒きましょう。そうすることによって、ボウルにご飯がくっつくのを防げます。

大きいジップロック


酢飯の量が少ない場合に使用できます。100円ショップで購入できるので、簡単に揃えられるのが魅力です。

ジップロックを使用すると、皿、フライパンなどを使用したときよりもこぼれにくくなります。酢飯を一粒も無駄にしたくないのであれば、大きいジップロックを使用してみるといいですね。

欠点は一度に酢飯の作れる量の少なさです。大量に作りたい場合には不向きといえるでしょう。ジップロックは深さがあるので、混ぜにくさを感じる人もいるでしょう。素材が薄いため、力を入れすぎると、容器破損のリスクもあります。

7つの中で最も用いられているのはボウルです。インターネットでの紹介数も多いことから、桶がない場合はこちらを使用してみましょう。

アルミホイル


アルミホイルを使用する際は、酢飯、酢がこぼれないように大きめにカットします。カットした後は、表面に酢を塗っておきます。

アルミホイルに白米を載せたあと、寿司酢をかけます。その後はご飯が零れ落ちないように、混ぜます。

こちらを使用するのであれば、アルミホイルを惜しみなく使いましょう。酢飯が横に飛び散らないために、周りに高さをつけてもいいでしょう。

フライパンを使用する場合


計量コップに酢、砂糖、塩を入れます。砂糖と塩は掌の熱で温めて、軽量コップに入れる前に少しだけ溶かしておきます。

フライパンに入れたご飯に、合わせ酢を入れます。その後はゆっくりとかき混ぜていきます。熱が逃げれば完成です。

フライパンは熱を逃がしやすい性質を持っているので、うちわを使用する必要はありません。

あわせて読みたい
★酢飯★すし桶が無いのでフライパンで by かづみっくす
★酢飯★すし桶が無いのでフライパンで by かづみっくす甘すぎず、酸っぱすぎず、しょっぱすぎず。

大き目の深い皿


こちらも桶の代用品の一つになります。

ボウルよりも酢飯を切りやすいものの、深さはありません。酢飯がこぼれない工夫を施しましょう。

バット


酢飯を2合ほどバットに乗せ、寿司酢と合わせます。

バットで酢飯を作ると、ご飯が重なりにくくなります。べたつく、固まるのを防ぐことができます。

酢飯をかきまぜたあとは、うちわで10秒ほどあおぎましょう。

土鍋・大きな鍋


深さ、大きさの条件を兼ね備えているため、酢飯を作ることができます。

土鍋を選ぶ際は、平べったくて大きい鍋を選択することで、ご飯を切りやすくなります。

スポンサーリンク

炊飯器の釜は酢飯を作る桶にはしない方がいい

インターネット内において、炊飯器で酢飯を作る方法が紹介されています。そのため、酢飯作りを炊飯器の釜で行う人も多いのではないでしょうか。

炊飯器の釜に酢を入れてしまうと、コーティングがはがれる危険性があります。最終的に使い物にならなくなってしまいますので、これまでやっていたという人は、他の代用品で酢飯を作るようにしましょうね。

小さい頃ですけど、炊飯器に酢を入れないように注意された記憶があります。このことが影響しているように感じます。

スポンサーリンク

酢飯を作るときに桶を使う理由

寿司桶にご飯を入れることによって、調湿機能が働きます。美味しい酢飯を作りやすくなります。

空気に触れる表面積を大きくすることで、温度を冷ましやすくなります。ご飯が酢を吸う環境を作り出すのに適しています。

酢飯に桶を使用するのは、水分、温度調節に適しているからです。

スポンサーリンク

おいしい酢飯を作る人気レシピ

桶を水で濡らしたのち、布巾で水気を吸い取ります。

米2号に対して必要となるのは、米酢50ml、砂糖20グラム、塩5グラムです。これらを合わせて、よくかき混ぜます。

お米を桶に入れたあと、合わせ酢を入れます。数回に分けるのではなく、一度で全部を入れます。

ご飯を傷つけないよう、優しく混ぜていきます。ある程度混ぜたら、うちわで熱を逃がしていきます。

うちわで熱を逃がしたあと、ご飯を切るように混ぜていきます。ある程度切れたら、うちわであおぎます。これを数回繰り返すことによって、美味しい酢飯ができあがります。

米を1号、3号、5号にすると、寿司酢の量が変わります。適量の寿司酢を作るようにするといいですよ。

酢飯を作るときの桶がない!代用する方法のまとめ

桶の代用として用いられるのはボウル、フライパン、大き目の深い皿、バット、土鍋・大きな鍋、アルミホイル、大きいジップロックの7種類です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる