MENU

2021大國魂神社の節分豆まき中止!?ゲスト芸能人の時間見所と混雑状況

東京都にある大國魂神社といえば1900年以上にもなるとても歴史のある神社です。

大國魂大神[おおくにたまのおおかみ]を武蔵国の守り神としてお祀りした神社です。福神又は縁結びや厄除け・厄払いの神として有名な神様です。

1月の初太鼓打初式祭を始め2月の節分祭等や各月に行事やお祭りがあります。

今回は2月にある節分祭について調べていきます。もう2月の行事?と思うかもしれないですが気づいたらあっという間に2月になります!

節分祭を見逃したくない方は是非参考にして下さい♪

スポンサーリンク
目次

2021年大國魂神社の節分祭豆まきは中止?時間は?芸能人は誰が来る?

大國魂神社では2月3日に節分祭が行われます。今年はコロナの影響で開催が中止になるのでしょうか?

去年の11月19日に大國魂神社のお知らせより感染拡大防止の観点から、自粛することにしました。と記載がありました。露店の出店に関してもお正月と同じくないそうです。

ただ、福枡・福豆については、例年通りの頒布があります!頒布開始は1月中旬頃の予定です。日程が決まり次第ご案内となっているので見逃さずにチェックして下さい♪

節分祭には芸能人やスポーツ選手、府中市のキャラクターと多くのゲストが参加しています。

豆まきと一緒にゲストを見るのも一つの楽しみとなっています。

去年の豆まき式は午前11時20分頃・午後2時20分頃・4時20分頃・6時20分頃の計4回となっています。

又、時間によってゲストが少しかわるようです。どのゲストも見逃せないです♪

スポンサーリンク

2021年大國魂神社の節分祭豆まきの見所と混雑状況、穴場

今年は残念ながら中止となってしまいましたが、例年を参考に見所や混雑状況、穴場を調べました。

見所といえば芸能人・スポーツ選手等のゲストや年男・年女が参加する豆まきです!

当日は大変混雑するので、家族で行く方やお子様連れは注意が必要です。

厄除け特別祈願の人は本殿前の敷地で祈祷を受けた後、11時からの豆まきに参加できます。

※ゲストや芸能人などと同じ舞台で豆まきができるかも♪

又、豆まきの時間より早めに行くのが良いそうです。

去年のゲストをのせときます!

大国魂神社では、毎年戦隊ヒーローの俳優さんや大相撲力士などが豆まきを行いますよ。

俳優 奥野 壮さん

女優 中山 忍さん

俳優 六角 精児さん

アナウンサー 秋沢 淳子さん

歌手 高木ちえ美さん/つかさかず樹さん

棋士 中倉彰子/宏美さん

豆まき式は、午後18時台が一番人出が多く盛り上がりを見せます。

また、大國魂神社ではご本堂の裏手にあるご神木にも足を運んでいただきたいです。

神様が宿るといわれる大イチョウのご神木は、大國魂神社で一番のパワースポットともいわれています。

特に妊活中の方や出産して間もない方は、大イチョウの「産後の肥立ちが良くなる」というご利益にあやかれるよう手を合わせてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

2021年大國魂神社の節分祭豆まきのアクセス方法と詳細

大國魂神社までのアクセスは下記のとおりです。

〒183-0023 東京都府中市宮町3-1

TEL:042-362-2130

FAX:042-335-2621

電車でのアクセス 

京王線 府中駅南口から徒歩5分

         JR南武線・武蔵野線 府中本町駅から徒歩5分

車でのアクセス

  [中央自動車道]

                  新宿方面より稲城ICで降り、府中市外方面へ進み約10分

                  八王子方面より府中スマートICで降り、約10分

駐車場について

参拝者無料駐車場があります。

節分祭の際は大変混雑するので駐車場や周辺の道路、コインパーキングをチェックして下さい。

下のマップで駐車場の場所を確認できます。

2021年大國魂神社の節分豆まき中止!?ゲスト芸能人の時間と見所と混雑状況:まとめ

今年の節分祭豆まきは自粛の為中止となっています。

福枡・福豆は例年通り頒布があります。

頒布開始は1月中旬頃の予定です。

今年は節分祭がなくとても残念ですが、来年に行くときは混雑が予想されますので駐車場や周辺の道路、コインパーキングのチェックを忘れずにして下さい。

あわせて読みたい
節分で食べたい!お取り寄せ豆菓子おすすめランキングベスト20
節分で食べたい!お取り寄せ豆菓子おすすめランキングベスト20「鬼を追い払って、新年を迎える立春前の行事」が節分です。今年は37年ぶりに日付が変わり、2月2日が節分の日となります。ご自宅で、ご家族で、無病息災を願って豆...

           

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる